読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使ってこそ所有者だと感じた Birth Year ZIPPO

購入品

誕生年に製造されたZippoをこの度購入いたしまして、198X年代のものというとビンテージというには早く、かといって未使用は安くないという微妙な経年数。

 

個体としてはやや傷があるけれどインサイドユニットとケースのユニットは同年で、ヒンジの締まりも◎、外観からは製造後30年近く経過している個体だとは、どだい見抜かれることはないでしょう。

 

で、最初は迷ったんですね、このまま眺める対象にするか、使っていくか。

 

結局、使う方を選び、正解だと思っています。

 

機能を維持できる年数という点で絶大な信頼があるZippoというのもあって使用に踏み切ったわけですが、使ってあげることでようやく「自分の所有物」になった気がします。

自分の中では、所蔵 = 自分の管理する不可触の保存物

       所有 = 自分の手元に置き、運用する物

 

前オーナーさんが維持してきた状態から、確実に使用感が増すわけで、傷や弛みが出てくるのは避けられないでしょうが、そうなってこそ自分の物という実感が湧きます。

自分と同じ時を過ごし始めるとでもいいましょうか。

 

古いZippoを保管している同好の皆さん、たまにでもいいので使ってあげましょう。

It Works ! してあげましょう!